読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新世紀の生き方、物語の世界

栗本慎一郎の経済人類学、白川静の漢字学、日本の古代史、日本人の起源論、小説や好きな本の話題など書いていきます。何ですが、ニュースとか、ネットの話題も多いです。

『窓の記憶~おっさん英雄記』が面白ろすぎる!

小説家になるための戦略ノート 小説家になろう

◇ 小説家になるための戦略ノート - 『窓の記憶~おっさん英雄記』が面白ろすぎる!

 

1/4の日間ランキング1位『窓の記憶~おっさん英雄記』作者:蒼枝さん


 読みました。傑作でした。いい話だ!
 文章上手い!感情移入しやすい!あっという間に読み切ったよ。
 最後のエピソード5の『報酬』に、思わず10ポイント!満点つけちゃったよ。

 基本はゲーム世界の話なのかあ?と思ったりしますが、『テンプレ』と呼ばれる『小説になろう』の定番設定も取り入れつつ、ちょっと、設定に謎があるし、化けそうな感じがしました。


 『小説になろう』の『小説の傾向は偏ってる』などと言われていますが、この圧倒的な『読みやすさ』、『スートリー展開の速さ』、『面白さ』があれば、これは本になっても全然、大丈夫だと思いました。

 僕は今まで、平井和正栗本薫田中芳樹半村良夢枕獏とかの長編タイプの作家ばかり読んできけど、話がだいたい、進まないんですよね。

 『グイン・サーガ』のように著者の栗本薫が亡くなってしまって、未完のままで終わってる小説シリーズが、結構、多かったりします。

 『グインサーガ』は、幸い、五代ゆう著『パロの暗黒』(グイン・サーガ131巻)、宵野ゆめ著『サイロンの挽歌』(グインサーガ132巻)と、栗本薫小説講座の直弟子作家によって、最近、続編が書かれています。


GUIN SAGA - グイン・サーガ



 でも、もうひとつの『魔界水滸伝』シリーズは、生前、栗本薫が『グインサーガ』に専念してしまって、途中から書かれなくなってしまいました。

 半村良の伝奇SFの『妖星伝』などは十数年ぶりに完結しましたが、『太陽の世界』は著者が亡くなってしまって、未完に終わっています。

半文居 | 半村良オフィシャルサイト



 平井和正の『幻魔大戦』なんか、アマゾンで「幻魔大戦deep 全8巻入りCD-ROM」とか、幻魔大戦シリーズの集大成完全新作書き下ろし「幻魔大戦deep トルテック(ハードカバー全3冊)」で続編がでていますが、完結にはほど遠いです。


ウルフガイ・ドットコム −平井和正ホームページ



 『ソードアート・オンライン』などの『小説家になろう』サイトの小説の良い点は、いきなりクライマックスから話が展開して、面白く、その後の展開も早く、ひとつの話が完結しやすいところです。

 

 勿体つけすぎて完結しないという、『従来の小説の悪習を打破した』訳で、『ドックイヤー』といわれる変転が激しいネットの時代には、必然の小説の進化かもしれません。

 ただ『攻殻機動隊』の人気アニメ監督の押井守によれば、読者の読み解けない過剰な情報を作品に入れていかないと、DVDまでは買ってくれないし、あっという間に『模倣され』『消費されてしまう』という危険性もあります。


押井守 情報サイト 野良犬の塒



 ドラマ、映画の『SPEC』の堤幸彦監督が、そういう手法をドラマ、映画づくりの手法に取り込んでいますが、常に謎を残して、わざと伏線を全部、回収せずに引っ張りすぎると、それはそれでお客さんからクレーム来たりもするので、なかなか難しいところです。

金曜ドラマ 『 SPEC (スペック) 〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』 | TBSテレビ



 『小説家になろう』の小説は、タイトルは軟派で、設定はテンプレに見えるけど、どうも文章自体は硬派なものが多く、設定、ストーリーも練られてて、面白いものが多いという印象を受けました。

 読んでばかりだと、いつまでも小説が書けないので、この辺りで終わります。

 次回はまた、『小説家になろう』のお話が続きます。

 

 

グイン・サーガ131 パロの暗黒
 

 

 

サイロンの挽歌 (ハヤカワ文庫JA)

サイロンの挽歌 (ハヤカワ文庫JA)