読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新世紀の生き方、物語の世界

栗本慎一郎の経済人類学、白川静の漢字学、日本の古代史、日本人の起源論、小説や好きな本の話題など書いていきます。何ですが、ニュースとか、ネットの話題も多いです。

「アオイホノオ」が面白い!第二回文学フリマ大阪、クリエーターのためのはてなブログ

◇ 小説家になるための戦略ノート - 「アオイホノオ」が面白い!第二回文学フリマ大阪、クリエーターのためのはてなブログ

 

アオイホノオ」が、とにかく面白いです。

ドラマ自体も面白いのですが、岡田斗司夫の解説が秀逸で、その流れでジブリの今後が面白いですね。

角川グループの後継者?に指名された「ドワンゴ」の川上量生さんの動向と、庵野監督が「ナウシカ2」が作って、今後のジブリを盛り立てていくのかな?と思ったりしています。


岡田斗司夫 - 宮崎駿引退の真相 ~ 進撃の巨人から風立ちぬまで - YouTube

 

川上 量生(かわかみ のぶお、1968年9月6日 - )は、日本実業家映画プロデューサー株式会社ドワンゴ代表取締役会長、株式会社スタジオジブリ所属、株式会社カラー取締役、株式会社KADOKAWA取締役。

川上量生 - Wikipedia


『風立ちぬ』のエヴァ化と、庵野監督の『ナウシカ2』 - 新世紀の生き方、物語の世界

 


岡田さんと意見は一致していますが、過去記事でも「ナウシカ2」の可能性はちょっと考えたりしています。


川上量生さんは、庵野監督のスタジオカラーにも絡んでるし、ジブリ角川グループにも入ってるし、お膳立てはかなりできてますよね。

しかし、岡田斗司夫さん、面白いです。

 


匿名捜査官タグ

 

モグラ男と、ひかり姫は、2014年8月アルファポリス「第7回絵本・児童書大賞」エントリー済です。応援よろしくお願いします。