読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新世紀の生き方、物語の世界

栗本慎一郎の経済人類学、白川静の漢字学、日本の古代史、日本人の起源論、小説や好きな本の話題など書いていきます。何ですが、ニュースとか、ネットの話題も多いです。

美味しんぼの鼻血から見えてくる「低線量内部被爆対策」について

ネットの話題 ウクライナ 東日本大震災 美味しんぼ鼻血問題 福島

 ビッグコミック・スピリッツは、事実上の『閉架処置』で 『販売粛清』 - JUNSKY blog 2014

 

◇ 「美味しんぼ」鼻血描写 現地では「出ても言い出せない雰囲気」?(dot.) - goo ニュース

処が、ここからが肝心な所なのですが、その書店の店員さんが言うには、
(所在地と書店名を原稿では書いていたのですが、その書店と店員さんに類が
 及ぶといけないので、ブログUP前に固有名詞を『伏せ』ました;笑)
「『ビッグコミック・スピリッツ』は、【美味しんぼ】の問題があるので、
店頭での販売はしないように、上からお達しがあって、お問い合わせのある方
にだけ販売しております」
 とのこと。

 私が、上からというと『書店組合』か何かですか? と訊くと、店員さんは
⇒ 「『書店組合』より、もっと上の協会か協議会からと聞いています」と。

 私「○○書店(その書店の名前)だけで行われているのですか」
⇒ 「おそらく、全国全ての書店で行われていると思います」

 驚きました! 政府の『指導』が有ったのかどうかは、この会話だけでは
解りませんが、業界団体上げて、【美味しんぼ】の問題があるので、
『ビッグコミック・スピリッツ』は、図書館で言えば『閉架処置』と
するよう指導しており、末端でも実行されている訳です。

 これは、もう『自粛処置』とは、到底言えません。
大きな圧力による『粛清』と言わなければなりません。

 これだけ、大きな政治的圧力が言論の自由の『橋頭堡』でもある出版業界に
掛けられていると云う事は、当ブログで「書店名」を明らかにすると、
その書店や店員さんが弾圧される可能性もあるので、書店名を伏せましたが、
これはフィクションではありません!

 


政府の指示か、自粛かはわかりませんが、これ実質的な焚書坑儒だよね。独裁国家による情報統制か何かでしょうか?



◇ 井戸川・雁屋を批判する為に政府・電力会社の糞っぷりを擁護するのは醜悪としか言えない - アナログとデジタルの狭間で

ほんの数分では私には無理だったが、ちょっと小一時間ほど調べればもっと詳細な報道がでてくる。

下記に引用した記事*2を見て貰えれば分かるように、「いつ来るかわからない地震」や電力会社より求められたのが「表現を変えるよう求められたため」なんてかわいいものではない。東北地方の巨大津波について「いつ起きてもおかしくはない」という表現で書かれていたものが、差し止められたうえ、最終的に貞観地震について周期性は無いにまで書き換えられて発表されるところだった。

電力会社の介在によって原発のために、地震についてのリスク評価が歪ませられる事は、山本氏にとっては井戸川氏、雁屋氏を批判することよりどうでもいいことのようだ。

しかし、この政府・電力会社の屑っぷりをどうして擁護できようか、そのことを批判している井戸川氏をどうしてあげつらう事ができようか、醜悪としか言えない。

 

僕はこういうことは知らなかったけど、やっぱり、事実をゆがめてしまうと、ろくなことは起こらないようです。

地震津波を警告しようとした政府発表を、電力会社が安全だという情報に書きかえた途端に、本当に地震津波が来てしまったということです。

地震津波のあることを日本政府は知ってました」「政府と東京電力東北電力日本原電が発表を止めてしまった」

 

 

結果的にこのことが事実になってしまったようです。何という皮肉な結果だろうか。余談はこれぐらいにして本題に入ります。

 

 

◇ 美味しんぼ鼻血問題の空気を読む、「永遠の0」の心境 - 新世紀の生き方、物語の世界

昨日の記事の中で、低線量内部被爆について書きました。首都圏を含む東日本の方には重大な問題で、西日本の僕にはさほど影響はないとは実は言えない問題です。

西日本には中国からのPM2.5以外にも多量の公害物質が飛来しています。たぶん、西日本の人の寿命も数年は縮むと、昨日、知人がスポーツジムで言ってましたね。
それは当たってると思います。こちらも少し調べるつもりです。

低線量内部被爆のメカニズムというのは、放射能を含む塵やほこりなどが、舞い上がって、それを鼻などの気管から吸い込んでしまい、体内で直接被爆を繰り返してしまうものです。

体内の放射性物質は取り除くのが難しいので、被爆しっぱなしというか、ある意味、直接、放射能浴びるよりたちが悪いです。毎日、レントゲン浴びてるようなものです。

 

僕の家の近くの直島に三菱マテリアルという会社があって、震災瓦礫などの処理を引き受けてるので、大阪市北九州市で発生してる鼻血問題の原因は「低線量内部被爆」と思われるので、この話は他人ごとではない。

放射線による内部被ばくについて:津田敏秀・岡山大教授 | Science Media Centre of Japan



ただ、福島自体が終息してないので、汚染源は未だにあって、放射線を含む物質は海への放流も含めて垂れ流しにしてる現状で、いかんともしがたいものがあります。


◇ ただ、そんな中で対策として考えられるのは、原始的だが「花粉症+活性酸素」対策がそのまま流用できないか?と思った。

f:id:sakazaki_dc:20120615013829j:plain


つまり、放射性物質を吸い込まないことが重要で、かつ、それが「がん化」などの身体症状になっていくのは、フリーラジカル過酸化水素などの活性酸素的物質の発生が増えるのと同じ仕組みだからだ。


美味しんぼが指摘してる鼻血原因は、正確にはラジカル+過酸化水素などの毒性物質だと言っていて、強力な酸化作用で細胞膜など身体のあやゆる器官が損傷してしまう。

 

f:id:sakazaki_dc:20140516104058j:plain

 

 

がんの発生を促進するフリーラジカルとは

 

 

 

希望的予測ですが、仕組みが分かれば、解決策も見えてくるので、大人はともかく、影響が最もでやすい子供だけでも防衛対策を政府はやるべきではないかと思う。

小保方さんの問題の例を見てもわかるように、情報を統制しても、インターネットの時代には無理だし、全部公開してやっていくのがいいでしょうね。


東京の放射能汚染はチェルノブイリ時の1000倍だった - YouTube


「パニックをさける唯一の方法は、情報を公開して政府は信頼できる」と思ってもらうことと言われていますね。


チェルノブイリウクライナもいまではそうしてますしね。



映像報告「チェルノブイリ・28年目の子どもたち」 - YouTube

 
フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実 Part1/4 - YouTube


「美しい日本」を保ちたいなら、原発問題と低線量内部被爆対策については最重要課題として取り組んで欲しいですね。

 市民の、市民による、市民のための原発事故対策(その1)

http://1am.sakura.ne.jp/DEW/Jp/Fukushima/info1.htm


 今日の放射線被爆防護の基準とは、核・原子力開発のためにヒバクを強制する側が、それを強制される側に、ヒバクがやむをえないもので、我慢して受忍すべきものと思わせるために、科学的装いを凝らして作った社会的基準であり、原子力開発の推進策を政治的・経済的に支える行政的手段なのである。

          中川保雄「放射線被曝の歴史」
          カバーのことば

 

こういう対策もあるみたいですね。

 

 

 

増補 放射線被曝の歴史―アメリカ原爆開発から福島原発事故まで―

増補 放射線被曝の歴史―アメリカ原爆開発から福島原発事故まで―

 

 

内部被曝の脅威  ちくま新書(541)

内部被曝の脅威 ちくま新書(541)

 

肥田舜太郎『内部被爆の脅威』 - martingale & Brownian motion