読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新世紀の生き方、物語の世界

栗本慎一郎の経済人類学、白川静の漢字学、日本の古代史、日本人の起源論、小説や好きな本の話題など書いていきます。何ですが、ニュースとか、ネットの話題も多いです。

5~6月締切のアルファポリス、公募ガイドの短編小説&エッセイ賞紹介

◇ 柊の木の呪い~ホラー短編集~ - 柊の木の呪い 第一話 魔除け

アルファポリス第7回ホラー小説大賞なるものを開催中です。

 2014年04月1日~末日までやってまして、5月15日頃結果発表予定です。

上位陣は「小説家になろう」勢が多くて、2位のシンさん、3位のつまようじさん、4位の鵜狩さんがそうですね。


今回、僕は参加してなくて、それに合わせてホラー短編でも書くかという企画です。

小説って締切がないとなかなか書けないもので、特に新婚生活でリア充中(いや、楽しいながらも、いろいろ大変)なので、どんどんと優先順位が追いやられていってしまいます。



◇ マスコミ全部が敵という完全逆風の中で、小保方擁護の論陣も張ってますし。(そんなもの張るな!)

そもそも、議論の出発点が「STAP論文の本質とは全く関係ないスキャンダル」なので、こういう「ユダヤ的スキャンダル情報操作」はそろそろ底が割れてきてるし、「トリック」的表現では「そのパターンは、まるっとお見通し!」(by 仲間由紀江)だよねえという感じです。


トリック劇場版 ラストステージ 2014 映画の予告編 - YouTube


全部同じ論調というのはかなり危険な兆候で、戦争前のドイツとか、日本の雰囲気ですし、こういう状況にはとりあえず待ったかけないと独裁政治とか暗黒時代になってしまいますね。

文学者とか、小説家の役割はこういう状況で「全く反対の態度」で望むことです。
体制側につくのは簡単ですが、それは「文学者としての死」を意味すると思います。


◇ 小さな賞でもその分野で一位になるのは大変です。


コツコツときっかけみつけて小説を書いていくことが、弱者のランチェスター戦略的にはいいかなあと思います。

次回は、アルファポリス第5回ドリーム小説大賞」(5月エントリー募集)に参加予定です。カテゴリ:小説>現代文学小説>大衆娯楽小説>経済・企業小説>歴史・時代


◇ 月読と天照~イザナミ島戦記~


 鬼ノ城戦記、第一巻 『鬼ヶ島戦役』


とりあえず、書きさしになってるこの2作品を更新していかないといけない訳で、理由できるものは利用して頑張っていきたいですね。

 

それと「公募ガイド」で「小説虎の穴」というのがあって、これも毎月ショート小説を募集しています。

【小説の虎の穴】

原稿用紙5枚の「短編小説」を募集しています。
選考/清水義範

【ライトノベル ワンシーンコンテスト】
ライトノベルのワンシーンを募集しています。
選考/西谷史

 

ライトノベル系の小説のワンシーンも募集中ですね。

公募ガイド発表BLOG

公募ガイドの連載「小説の虎の穴」では、小説の掌編を募集。 誌面で紹介できなかった佳作作品を紹介します。

 

 

公募ガイド 編集部ブログ:特別企画 読者のエッセイ大募集 - livedoor Blog(ブログ)



公募ガイド編集部では、読者の皆さまのエッセイを募集します。
採用作品は誌上で発表致します。

●課題 ①楽しいエッセイ
     ②考えさせるエッセイ
●賞 採用作=5,000円(商品券)
規定枚数 400字詰原稿用紙換算2.5枚(1000字)
●締切 5月20日(消印有効)
●発表 8月号誌上(予定)。
採用作品は添削講評とともに発表します。


エッセイもあるな。 これも応募してみます。

公募ガイド 編集部ブログ:特別企画 読者の小説 大募集 - livedoor Blog(ブログ)

 

公募ガイド編集部では、読者の皆さまの小説を募集します。 採用作品は誌上で発表致します。

●課題 ①実際にあった事件をもとにした小説 (その事件を報道した記事を添えてください。WEBや新聞等からのコピーで可)
②10題噺 以下の10のワードすべてを使って発想した小説  1残暑 2路地裏 3家族 4希望 5占い  6対策 7消える 8逆転 9刃物 10裏の顔

●賞 採用作=1万円(商品券)
規定枚数 400字詰原稿用紙換算5枚(2000字)
●締切 6月8日(消印有効)
●発表 9月号誌上(予定) 採用作品は講評とともに発表します。
●応募先 〒160-8549(住所不要)公募ガイド「2000字小説」係 Mail word@koubo.co.jp(件名「2000字小説」/件名のないものは無効)

 

第十二回 岡山県「内田百閒文学賞」岡山県にゆかりのある文学作品を募集中!最優秀賞100万円!


岡山生まれの名文筆家 内田百閒の生誕百年を記念して、
岡山の文化の振興を図るとともに、岡山の良さを多くの人々に知っていただくため、平成2年に創設したものです。第十二回内田百閒文学賞の募集を7月17日から平成26年5月31日まで行います。詳細は募集要項をご覧下さい。


賞金100万円だって!これは応募せねば!
鬼ノ城戦記の外伝の構想があって、これ短編なので応募してみます。

ということで、なんとかぼちぼち小説を書いていきますね。

 

 

 

公募ガイド 2014年 05月号 [雑誌]

公募ガイド 2014年 05月号 [雑誌]