新世紀の生き方、物語の世界

栗本慎一郎の経済人類学、白川静の漢字学、日本の古代史、日本人の起源論、小説や好きな本の話題など書いていきます。何ですが、ニュースとか、ネットの話題も多いです。

スモールビジネス、せどり業界の構造

◇ 最近、結婚による同居に備えて、物置、部屋の本の整理にために、アマゾンマーケットプレイスで古本を売ってる。というか、以前からボツボツ売ってるけど、ちょっと出品数を増やしてます。まあ、結婚式とか、結婚手続が大変で、怠けていたのだが。

それで、ブッククオフなどで価値のある本を安く仕入れて、高く売るという『せどり』のブログとかを見たりしている。

せどり - 人気ブログランキング

せどり・転売で稼ぐ元ブックオフ女店員のブログ

最近のせどり業界の話題などを見てたのだが、基本的には、せどりで利益を出すというのは難しく、ある程度、せどりをやってコツをつかみ、メルマガを発行したりして、せどりのやり方を教えるというビジネスモデルに移行するようです。もしくは、せどりツールとか、せどり情報サイトとか、せどりツールアフィリエイトなどしたりしてるようです。


◇ せどりで儲ける人もいるのだろうけど、ブ〇〇オフなどで105円で仕入れても、これが最低価格の1円にまで下がってしまうと、アマゾン送料補てん分250円ー160円(本の厚さ2センチまで、1センチ以下なら80円のメール便送料)=90円(170円)という構造があるので、赤字になってしまうリスクもあります。これからアマゾン手数料15%なども引かれてしまうので、さらに赤字は拡大します。

せどり発送方法(3種類)+α


1センチ以下になるような文庫本(めったにないが、薄いプチプチなど包装を工夫するか)を探すか、完結本セット販売などするか、やっぱり、もう少し仕入れは高いけど、相場の高い本を探すしかないないようです。

1ヶ月に50品ぐらい売れれば、大口出品者になり、1品辺り手数料100円引きが免除優遇されます。最近の流行では、FBAというアマゾンに在庫を預けて、アマゾンの配送センターから出荷できるサービスもあります。これも手数料が値上げされつつあるのでちょっと検討が必要かもしれません。


◇ そういう価値のある本を探す便利なツールがあって、値上がりしやすい在庫切れ商品を探す『電脳せどりツール』(仕入れと販売がネットで完結するものを電脳せどりという)と呼ばれているみたいです。

無料スマホアプリなどで、古本屋でバーコード入力すると、その本のアマゾンの相場が分かるというものもあります。ビームせどりと言って、カメラで自動的にコードを読み取れるアプリもあります。こんな感じのやつ↓がアマゾンで売ってたりします。

 

 

 

 
しかし、こういうものを導入すれば、経費がかかるので、それだけ売上を上げなくてはならなくなるので、いたちごっこかもしれません。それに古本屋からすれば、こういう客は嫌がられるし、出入り禁止のお店もあるらしく、携帯サーチなどしない方がいいかもしれません。だいたい、相場を覚えておいて、あるジャンルの本とか、雑誌とか、辺りをつけて買ってくるのがいいのかも知れません。

せどり禁止ブックオフ攻略法



◇ だから、こういうツール作ったり、情報サイトを運営したりするのが、逆に儲かるということになっていくのでしょう。


あと、やっぱり、本の回転率が命というか、僕の場合も、やっぱり、新しくて、価格はそれなりのいい本が売れますね。1500円の新刊が500円~800円に値下がりし、配送料250円上乗せされても、半額ぐらいで買える500円ぐらいの本が一番、回転が速いかも。

当然、1円本も回転早いけど、二冊以上で100円引きにするとか工夫して、セット販売でもしないと、利益はでないというか、赤字商品ですからね。サービス品ですねw

まあ、最初は利益をあまり考えず、僕のように在庫本の処分ということから始めるのもいいと思います。最初はいい本を安く売って、アマゾンの購買者の評価を98%ぐらいに上げると、評判がいいので、他の人より売れる可能性が高まります。綺麗な質のいい本で実績作れば、その後の商売の信用が違うものです。

丁寧な包装とか、迅速な配送、メールでのクレームの際の対応(きっぱりと全額返金がいい)などが重要です。不用品を趣味で売ってると言っても、そのあたりは損してでも信用は守った方がいいです。そうすれば、あとで低評価つけられるリスクを減らせます。

僕の場合、あとで低評価付けられた相手の商品代金は全額返金をポリシーとしてます。たぶん、評価を変えることはできないので、無駄なように思いますが、その人の恨み、無念を少しでも減らせます。たった数百円で、人の心を癒したり、和ませることができるのだから、そういう部分でケチケチしてはいけません。逆にクレームが縁になって、評価が上がって、また、買ってくれるかもしれないしね。


◇ おばさんテロ //ひきこもり女子いろいろえっちを読んでたら、クレーム対応とか、ちょっとした接客で、コンビニの客が離れてる様子が伺えるけど、深夜のタバコの大口客の件はやばいというか、コンビニはデータを取って、常連客の動向とか研究してるはずなのですが、そういうデータにのらない情報は店長とか、オーナーのコミュニケーション力
というか、そういう商売感覚で捉えていくしかないですね。

お客さんの話を聴いて、クレームを吸い上げる係を作るのもいいですね。ただ、日本人って、元々、細かいので、クレーム半分、話半分ぐらいで聞いてないと、疲れますけどねw 

100人ぐらいいると、どうしても、2~3人は、評価1~2とかつけてくる人がいて、僕も悪い場合もあるのですが、どうしようもない場合があります。その人の感覚もあるし、仕方ない場合もあるので、あまり気にするのも仕方ないというか、それでお詫びに全額返金するのかも。基本的に僕は大雑把な人間なので。

頑張って、僕も本とか、服とか片付けます。仲間由紀恵ファンですが、このドラマ非常に面白いです。本も買おうかと思ったりしました。いや、図書館で探すかw

f:id:sakazaki_dc:20130928083612j:plain

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

広告を非表示にする